HOME>イチオシ情報>支払う形や通いやすい基準を決めて探すこと
女性

通いやすさを基準として選ぶ

自宅や会社の最寄り駅から通いやすいところにある英会話教室を選ぶ人は、東京都内では少なくないといわれています。実際に英会話を学ぶ時に最も重要なポイントとしては、続けられるかどうかであるため、通勤時に通いやすいところを選ぶのは当然です。特に東京都内で通いやすいのは、最寄り駅から5分以内の距離にあるか、最寄り駅のテナントとして存在しているところだといいます。実際に駅の構内にある英会話教室であれば建物を出る必要がないため通いやすく、続けやすくなると考える人が増えました。そのため、基準として最寄り駅からどれくらいの距離にあるのか、駅構内にあるのかを参考に選ぶとよいでしょう。ただし自宅から通う場合には、自宅から駅までの間にあるかどうかを確認することも、重要なポイントです。理由として、駅から自宅までであれば会社帰りでも立ち寄ることが可能となっているため、続けやすくなるといいます。

どちらの制度がより通いやすいか

東京都内の英会話教室の中には、月額制・チケット制と料金システムが異なるため、どちらがいいのか迷う人は少なくないといいます。月額制は毎月一定の料金を支払って毎週レッスンに通うことができるシステムで、費用の少なさが最も大きな魅力です。対してチケット制は回数分のチケットを購入し、チケットが終了したら改めてチケットを購入しなければならないため、費用がかさみます。ただし、回数分まとめて買うから値引率が高くなることも少なくないため、月額制よりは割安となることも少なくありません。また、月額制だと1回レッスンを休んだらレッスンの権利が消えてしまうところも多いですが、チケット制度であれば消滅しません。ただし月額制のように毎月支払う金額が安いほうが利用しやすい場合には、月額制のほうが向いているといいます。仕事の残業などによってレッスンを休まざるを得ない場合には、チケット制のほうがレッスンの権利を消滅させなくていいでしょう。

広告募集中